抗アレルギー作用の高い、「ケルセチン」と「ルテオリン」

研究

ルイボスティーに含まれている様々なフラボノイドのなかで、特に研究者の間で注目を集めているのが、抗アレルギー作用がある『ケルセチン』と『ルテオリン』です。

私達の体内ではヒスタミンが合成されます。ヒスタミンには、血圧を下げたりする大切な作用があります。しかし反面、過剰に分泌されるとアレルギー反応や炎症を引き起こす事が分かってきました。

ルイボスティーに多く含まれているケルセチンとルテオリンには、アレルギーを引き起こす物質を抑制する作用があり、特にアトピー・アレルギー体質や花粉症持ちの方、肌荒れで悩まれている方々に喜ばれています。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク