ルイボスティーのピロリジジンアルカロイド(PAs)について

お客様より「ネット上でルイボスティーピロリジジンアルカノイド類(PAs)が含まれているとの記載がある」とのお問合せをよくいただくようになったので、こちらのページにて説明致します。

私達にピロリジジンアルカノイド類についての情報が入ってきたのは2016年頃でした。
先にヨーロッパで発覚し、南アフリカのルイボスティー生産者の組合で科学的な検証をしたところ、ルイボスティーの木と一緒に自生している雑草が原因と判明いたしました。

現在では栽培の期間、こまめにその雑草を除去する作業を行っており、ピロリジジンアルカロイド類について心配はございません。

オーガニックのため除草剤は一切使用せず、雑草を1本1本駆除するには多大な労力がかかります。
私達は、お客様に安心して美味しいオーガニックルイボスティーをお飲みいただけるよう、日々尽力してまいる所存です。

今後ともタイガー・ルイボスティーを宜しくお願いいたします。

株式会社TIGER
代表取締役 伊東 章

カテゴリー: お知らせ タグ: , , , パーマリンク